後悔する前に!! FX、仮想通貨、アフィリエイト、せどりなどマネー系の情報商材を検証し、確かな口コミを掲載しています。

Glory Gate Club(グローリーゲートクラブ) British glory gateは怪しい

ネットワークビジネス

今日は「Glory Gate Club(グローリーゲートクラブ) British glory gate(ブリテッシュグローリーゲート)」を取り上げます。

こんにちは、keenです。

GGCはMfaceの二番煎じと言えます。
クーポンを分割することにより、投資金額が何十倍にもなるという触れ込みで資金を集めています。
最終的に自分のクーポンが売れなければ利益になりません。
そう、クーポンが売れる日は永遠にやって来ないのです。
投資金は詐欺師の懐とネットワークビジネスの紹介報酬(コミッション)に消えていくだけです。

 

Glory Gate Club(グローリーゲートクラブ) 概要

特定商取引法に基づく表記

販売会社:British glory gate(ブリテッシュグローリーゲート)

責任者:Toshio Togawa,Yoshio Mitsuyama

所在地:1st Floor, 16 Maddox Street, London W1S 1PH, UK

電話番号:なし(会員専用フォームのみ)

メールアドレス:なし(会員専用フォームのみ)

URL:http://top.glorygateclub.com/

 

投資内容

ネットワークビジネス

仮想通貨リップル(XRP)を利用したネットワークビジネスを行っているようです。

・「確実に価値が上がる」
・「仮に価値が上がらなくても買い取り保証があります」

などという謳い文句で勧誘しています。

リップル(XRP)を利用したマルチ商法は他にも複数確認されていますのでご注意ください。

 

ビットコインのようにはならない

しかし、リップル(XRP)はビットコインのように単純に価値が上がるものではありません。

リップル(XRP)がビットコインのように値上がりすると言っている人は、詐欺師もしくは自分達で買うつもりかのどちらかです。
自分達で数百億円を出すことはできないでしょう。
そこで、ネットワークビジネスを行い「みんなで買おう」と言うのです。

しかし、単純に「購入者が増える=価値が上がる」ものではないのです。
複数の要素が複雑に絡むので単純なものでは決してありません。

「自分達で買って価値を上げよう」と言ってくる場合には、その場は丁重にお断りし、二度と関わらないようにしましょう。

 

仮想通貨Mfaceと同じ手口

勧誘方法

GGCはMfaceと同じ手口だと言われています。

クーポンを分割することにより、投資額が何倍にもなるという謳い文句で資金を集めています。

理論的にはクーポン(仮想)を分割することでクーポンの価値を上げることができます。
しかし、最終的にはそのクーポンを購入する人がいなければ現金化することはできないのです。
ここを曖昧にして説明してくるのです。

 

自分のクーポンは売れない

まず、出資者は会社が発行するクーポンを購入します(させられます)。
集めた資金は会社の諸経費や紹介報酬に充てるのです。

最終的に自分のクーポンを売れる時期になっても実際には売ることが出来ないでしょう。
つまり、投資は失敗に終わります。

 

理由① 仮想モールは永遠にでき上がらない

出資者には仮想モールの区画権利が与えられそこで利益が発生する仕組みとのことだが、モール自体が完成することはないと思われる。

 

理由② ポンジスキームの可能性

広めている人達は、上記を知ったうえで曖昧な説明をして勧誘している。
自分の紹介報酬を見せて「儲かる」と言っているが、出資者から集めた資金を分配しているだけであり、自転車操業状態。
仮想モールができ上がらなければ、ただのポンジスキームである。

 

理由③ 勉強会の内容

不定期で勉強会を開催している。
その内容は投資ではなく勧誘テクニックを教えるものだった。
ネットワークビジネスを決定付ける証拠となりうる。

 

理由④ 結局クーポンは現金化できない

仮想モールは何年経っても今のところ完成する気配がない。
永遠に自分のクーポンを現金化できない可能性が高い。

 

金融商品取引法違反の可能性

金融商品取引業者は、下記の行為を行ってはならないと法律で定められています。
ほんの一部を掲載します。

✅顧客に対し虚偽のことを告げる

✅不確実な事項について確実であると告げて勧誘をする

✅勧誘の要請をしていない顧客に対し、訪問又は電話をかけて勧誘をする行為

 

被害者の証言によると、British glory gate(ブリテッシュグローリーゲート)のやっていることは全て当てはまります。

 

無登録業者

日本居住者を相手に金融商品の取引を行う場合は金融商品取引法上の登録が必要です。

しかし、British glory gate(ブリテッシュグローリーゲート)はそもそも金融ライセンスを取得していない可能性が高いです。
つまり無登録業者です。

登録の有無は金融庁のHPで確認するか、財務局に問い合わせればわかります。
決して1人で判断しないようにしましょう。

 

ネットワークビジネスに未来なし

怪しい投資話というのは、自社サイトなどで表立って投資(金融商品)と言ってしまうと出資法に引っ掛かるのでこのような商売方法(マルチ)になりがちです。

新規参入者を勧誘し続けなければならない仕組みである時点で、ビジネスとして成立していません。
ネットワークビジネスを行う会社は最終的に必ず経営破綻します。

 

Glory Gate Club(グローリーゲートクラブ) 口コミ

バイト先の人から勧誘を受け、無知だったゆえに入会。(中略)リップルを紹介し、紹介料が元締めに行くという仕組みです。現在の相場を見れば分かりますがビットコイン以上にリップルなんか無価値に等しいです。暗号通貨をするならネット口座で出来るし、キャピタルゲインしか狙えないので暗号通貨自体個人的にはおすすめしないです。

私もGGCの仮想通貨MOVE勧誘をしつこく受けましたが、購入にパスポートが必要だとか、イギリス本社での取引だからイギリスの消費税20%がかかるとか。(中略)聞いていてマルチ商法詐欺丸出しバカバカしくて「検討する」といいって断りました。

引用;https://sa-gi.net/glory-gate-club-%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%96/

 

Glory Gate Club(グローリーゲートクラブ) まとめ

Glory Gate Club(グローリーゲートクラブ) British glory gate(ブリテッシュグローリーゲート)はおすすめできません。

理由をまとめます。

・ネットワークビジネスであり、最終的に必ず破綻する

・ビットコインのように価値が上がることはない

・仮想通貨Mfaceと同じ手口

・最終的に自分のクーポンは売れないというオチ

・仮想モールは永遠にでき上がらない=ポンジスキーム

・金融商品取引法違反の可能性大

・無登録業者の可能性大

 

最近のコメント

コメントなし

タイトルとURLをコピーしました