後悔する前に!! FX、仮想通貨、アフィリエイト、せどりなどマネー系の情報商材を検証し、確かな口コミを掲載しています。

株式会社SRIブレイン 白石雅成に業務廃止命令!悪評をまとめてみた

投資

今日は「株式会社SRIブレイン 白石雅成」を取り上げます。

こんにちは、keenです。

代表の白石は、将来有望な未上場企業に投資できると謳い、約15億円もの出資金を集めたとされています。
事件が明るみに出た時には資金の大半が流用された後でした。

無登録業者との取引においては、「返金がされない」「連絡がつかなくなる」など詐欺的な投資勧誘が多発しています。
安易な儲け話には応じないようご注意ください。

 

株式会社SRIブレイン 概要

特定商取引法に基づく表記

事業会社 :株式会社SRIブレイン
代表者  :白石雅成
所在地  :東京都渋谷区代々木1-58-1 石山ビル5階
URL   :http://sri-brain.com/ ※現在は閉鎖されています

 

投資内容

一般投資家に対し、無登録で他社の合同会社に係る社員権の取得勧誘を行っていました。

出資金の大部分を実質的な関連会社にいったん送金したうえで、実体のないコンサルタント料などとして還流することで人件費や交際費などに充てていたとされています。

将来有望な未上場企業に投資できると謳い個人顧客などから約14億7000万円の出資金を集めましたが、その大半が既に毀損されていると言われています。

 

金融商品取引法違反

証券取引等監視委員会はプロ向けファンド(適格機関投資家等特例業務)を手がけるSRIブレインと社長の白石雅成に対して、金融商品取引法に違反する行為の禁止及び停止を命じるよう東京地裁に申し立てたと発表しました。

 

無登録業者

日本居住者を相手に金融商品の取引を行う場合は金融商品取引法上の登録が必要です。

しかし、SRIブレインは金融ライセンスを取得していませんでした。
つまり無登録業者(違法)だったのです。

 

最近、高齢者を中心に無登録業者とのトラブルが多発しています。

登録の有無は財務局に問い合わせればわかります。決して1人で判断しないようにしましょう。

顧客リスト買い取り

業者から買い取った顧客リストに電話をかけるなどして勧誘していたようです。
説明用のチラシはペラペラの用紙で中身のないものだったようです。

 

各種法規制を逃れるスキーム

投資を募る際『合同会社への出資』という各種法規制を逃れることができるスキームを利用していました。
つまり、株式会社とは異なり合同会社は決算情報を開示する義務がないため収益構造はやぶの中・・・

 

度々トラブルが発生

現在は配当が停止するなど度々トラブルが発生し出資者から苦情が相次いでいます。
⾦融商品取引法違反で警告を受けたにも関わらず、懲りるどころか開き直ってのうのうと営業しているのです。
何とも図太い神経です。

 

『合同会社への出資』は違法ではありませんがトラブルが多い契約形態でその99%は怪しいものだと言われています。

明らかに信用できるビジネスモデルではありません。

 

株式会社SRIブレイン 口コミ

私もSRIブレインに投資しています。すでに存続期間も過ぎていますが、まったく書面送付も電話連絡もありません。電話をかけても連絡が付きません。少し調べたら、6月ごろ経営改善命令が金融庁から出されたようです。会社自体は存続している様です。私も被害者の会が作れないものかと思います。

私も被害にあいました。期限が過ぎているので出資金を返してもらいたいのですが連絡がつきません。2年ほど前大阪の事務所に連絡がつき社員1人で対応しているので順次処理しているとのことでした。その後全く連絡がつかず困っています。

幹部連中は毎晩高級クラブに繰り出しベントレーやベンツなど高級車をしょっちゅう乗り換えていた。営業社員が10人しか居ないのに役員が16人も居る時点でおかしい。諸江という幹部のパワハラも半端なく、5ヵ月で辞めました

引用;https://sa-gi.net/%EF%BD%93%EF%BD%92%EF%BD%89%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3/

 

株式会社SRIブレイン まとめ

株式会社SRIブレイン 白石雅成に関わってはいけません。
理由をまとめます。

 

・一般投資家に対し、無登録で他社の合同会社に係る社員権の取得勧誘を行っていた

・実体のないコンサルタント料などとして流用し人件費や交際費などに充てていた

・将来有望な未上場企業に投資するとうたって14億7000万円の出資金を集めたが、その大半が既に毀損されている

・証券取引等監視委員会から金融商品取引法違反で訴えられている

・SRIブレインは金融ライセンスを取得していない無登録業者

・投資を募る際『合同会社への出資』という各種法規制を逃れることができるスキームを利用していた

・現在は配当が停止するなど度々トラブルが発生し出資者から苦情が相次いでいる

・⾦融商品取引法違反で警告を受けたにも関わらず、懲りるどころか開き直ってのうのうと営業している

最近のコメント

コメントなし

タイトルとURLをコピーしました