後悔する前に!! FX、仮想通貨、アフィリエイト、せどりなどマネー系の情報商材を検証し、確かな口コミを掲載しています。

幸せ資産家プロジェクト 生方茂樹は怪しい?評判をまとめてみた

投資

今日は「幸せ資産家プロジェクト 生方茂樹」を取り上げます。

こんにちは、keenです。

早速まとめていきます。

 

特定商取引法に基づく表記

【販売者】株式会社湘南ケイデンス
【販売責任者】池田孝大
【所在地】神奈川県藤沢市片瀬海岸1-12-4
【電話番号】03-4530-3564
【メール】info@happywealth-official.com
【販売URL】http://happywealth-official.com/funnel14828/index1.html

 

幸せ資産家プロジェクト 内容

「幸せ資産家プロジェクト」の商材内容は、日経255オプション取引のサインツールの無料オファーのようです。

次のようなキャッチコピーが見られます。

・たったの2ステップ
・わずか5分程度の発注時間で毎月20~30万円の収入を目指すことができる
・年齢・スキル・経験・職業 一切関係なくどんな方でも成果を出すことができます

日経225オプション取引の案件はあまり見かけません。

 

実績が公開されていない

第1話動画を見ましたが、この案件が日経225オプション取引のサインツールであることがわかる程度でロジックや具体的なパフォーマンス情報などは明かされませんでした。

第2話で実績については公開するということですが、第2話はLINE登録をしないと見れない仕組みになっており少々悪質です。
おそらく第2話でも実績は公開しないのでしょう。

 

誇大広告がひどい

販売ページでは、「わずか5分程度」、「年齢・スキル・経験・職業 一切関係なく」などと謳っていますがこれは疑わしいです。

そもそも日経225オプション取引は証拠金取引であるため場合によっては大きな損失を被るリスクを内在した投資商品です。
参加者も熟練者やプロのトレーダーが多く、とても初心者向けとは言えません。

「わずか5分程度」というのは、おそらくサインツールから配信されるタイミングでポジションを取る作業の目安時間を指していると思われます。
しかし、いくら優秀なサインツールとは言え大きな損失を避けるためにしっかり時間をかけて相場分析をして買いや売りのポジションを取る必要があります。

「年齢・スキル・経験・職業 一切関係なく」ということはありえず、サインツールのロジックや仕組みを理解して使用するべきです。
変動の激しい相場で生き抜くために時間をかけて勉強していかなければなりません。

こういった点からキャッチは誇大広告であると思われます。

 

高額バックエンドセールス

幸せ資産家プロジェクトは無料のオファーとなっていますが、最初に明かされる情報が少なく、おそらく高額商品のセールスが待っていると思われます。

開発者の生方茂樹は過去にも日経225系の案件を手掛けており、こちらの内容は数十万円もする高額な塾でした。

幸せ資産家プロジェクトについても今後、こういった高額塾やスクールが展開される可能性が高いです。
サインツールの詳しい情報やテストデータ等の実績についても販売時に明かされるというオチなのかもしれません。

 

生方茂樹はどんな人物?

生方茂樹

出典元: http://happywealth-official.com/funnel14828/index1.html

動画内で紹介されている生方茂樹の経歴は次のようなものになっています。

・東洋証券経済研究所にて証券アナリスト業務に10年ほど携わる
・プロのファンドマネージャーとしても10年以上のキャリアを持つ
・400億円以上の資金を運用した実績を持つ
・日経新聞、日経マネーなど各種マスコミへの掲載は多数
・現在は、株式会社グローバル・アセット・パートナーズの代表取締役社長

この手の商材にありがちな派手な設定の経歴です。

生方茂樹は株式会社グローバル・アセット・パートナーズの代表を務めているようです。

過去に手掛けた日経225系の案件は評判が良くありません。
ネットでは
「日経225オプション取引の危険性に全く触れていない」
「公開されてる実績がエクセルみたいな表で本当に勝率95%なのか疑わしい」
といったレビューが多くありました。

気になる方は
「生方茂樹 次世代型投資 New Million」
「生方茂樹 金持ち投資家プロジェクト」
などで検索してみてください。

 

まとめ

結論は残念ながらおすすめできない商材です。
理由は次のとおりです。

・サインツールの詳細や実績が公開されていない
・おそらく誇大広告と思われる
・今後の高額商材の販売に注意

現時点で商材のメインとなるサインツールのロジック・手法が公開されておらず実績を証明できるテストデータ等の資料も確認できません。

派手なキャッチや宣伝文句が目立ちますが先物オプション取引の危険性や難しさを無視したかのような内容で誇大広告であると思われます。

開発者の生方茂樹が過去に手がけた案件から判断すると今回も高額のバックエンドセールスがあると予測されます。

 

最近のコメント

コメントなし

タイトルとURLをコピーしました